2019年12月26日

早漏でもナカイキさせる事は出来ます

信じられないかもしれませんが、絶頂ピストンメソッドの手法を使えば早漏の人でも女性をナカイキさせる事は出来ます。




「早漏」という言葉に具体的に何分以内にイクかという明確な基準はありませんが、本当に挿入した瞬間に射精してしまうようなレベルではない限りはまず出来るのではないかと思います。


しっかりとした前戯がナカイキのための鍵です


「絶頂ピストンメソッド」というタイトルから本番のピストンがメインであるという印象を持つかもしれません。しかも物凄い激しいピストンを。でもそうではありません。

ピストンが重要ではないという事ではありませんし、ピストンのテクニックについてはかなりの内容があります。しかし前戯のテクニックがそれ以上に大事であると私は思います。


本番前の段階で女性にペニスを手コキ・パイズリ・フェラなどで刺激されて気持ちよくされたら、その後いざ挿入しての本番であなたはすぐに射精をしてしまいますよね。

言ってしまえばそれは女性だって同じ。前戯の時点で膣内をしっかり的確に刺激されて気持ちよくなってイキそうな状態にまでなっていたら、その後のペニスによるピストンですぐにイってしまうのです。


「絶頂ピストンメソッド」はGスポットを刺激出来る前戯のテクニックと、Gスポットを刺激出来る本番のテクニックという2段構えの手法。

極端な話、前戯をしっかり行ってイク寸前まで高めれば、本番はテクニック抜きでもナカイキに達すると思います。(実際にそれは試したことはないのですが。)

しかしその逆というのは大変だと思いますね。だから前戯の方が重要だと私は感じています。

※参考になるサイト 北条麻妃「絶頂ピストンメソッド」ナカイキの方法


自分のペニスの刺激で彼女がイクというだけでも嬉しいですが、やっぱり一番良いのは同時にイク事。

早漏で持続時間に自信が無い人はGスポット刺激の前戯を長めに、ピストンでの持続時間に自信がある人は前戯を少なめにして本番を長めにすると良いでしょう。そうやって同時にイケるタイミングをぜひ模索してください。






posted by あきぽん at 17:33| Comment(0) | 絶頂ピストンメソッド | 更新情報をチェックする

ナカイキの快感はとても深くて長いオーガズムです

女性が本番のピストンでオーガズムに達する「ナカイキ」は、ただ漠然とエッチをしているだけでは達する事が困難なため、経験した事が無い女性、ナカイキさせた経験のない男性は多いかと思います。

本番ピストンで抱き合いながら一緒に気持ちよくなってそのままオーガズムに導くというのは憧れである反面、
「別にそんな事が出来なくても、前戯でイカせてあげられていれば良いんじゃない」と考える男性もいるでしょう。
特に男性は性器で快感を感じる部分がペニスだけであるため、女性のように中と外に快感を感じる部分があるわけではないため、中でイクのと外でイクのとの違いというのも想像し難いところ。

ナカイキとクリイキは、単に刺激されて快感を感じている部分が違うというものではありません。
ナカイキはクリイキよりも快感の感じる範囲や深さが違い、さらに快感が持続する時間も違うのです。
「ナカイキの快感は、とても深くて長い」北条麻妃が教える膣開発法 実践

ナカイキの方が快感が深くて長く、女性の満足度がかなり違います。
一度ナカイキを経験すると、ナカイキできないエッチでは満足出来なくなってしまうという事もありえます。

より良い夜の生活を求めるならば、女性のナカイキは必須ではないでしょうか。
posted by あきぽん at 17:32| Comment(0) | 絶頂ピストンメソッド | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

正常位でナカイキさせる方法

正常位はセックスの基本的な体位なので、どなたでもやったことはあると思います。
絶頂ピストンメソッドは女性を膣イキさせるための方法を解説している動画。女性をイカせられる体位ってどんなやり方なんだろう?と思う方が多いかと思いますが、実はその内の一つはこの基本中の基本である正常位なんです。
>>正常位でイカせるための方法の動画を観る

正常位でナカイキさせられると聞いて驚くのも無理はありません。実は正常位というのはナカイキさせにくい大意なんです。しかしやり方を工夫する事で正常位でナカイキさせる事が可能なんです。
正常位は正面から相手を抱きしめるようにして行為に及ぶ事が出来るので、男女共にやっぱりこの体位が好きという人は多いと思います。是非この体位でイカせてあげてください。
posted by あきぽん at 19:48| Comment(0) | 絶頂ピストンメソッド | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。